妊娠中のみ血糖値が異常になる症状   

妊娠糖尿病は、妊娠中のみ血糖値が異常になる症状を言う。 ICD - 10:O24.4、O24.9 2型糖尿病や他の病気であるのに注意を要する(必ず、"生活習慣の悪い妊婦"これにはわけではない。) 原因は、妊娠中に増加するホルモンであるhPLとエストロゲン、プロゲステロンなどのインスリン抵抗性を悪化させるのである。一般的に、出産後に改善する。一方、もともと糖尿病患者が妊娠すると糖尿病合併妊娠と呼ばれる。しかし、元の糖尿病かどうかを明確に確認することができるわけではなく、妊娠糖尿病の発症し、出産後も糖尿病を治療しても残っている。基本的に食事療法をしているが改善されない場合は、以下の胎児への危険性があり、また、飲み薬は催奇形性への懸念があるためインスリン注射療法を実施することになる。胎児に影響があるので、通常よりも厳格な管理が必要とし、六分食やインスリン持続皮下注(CSII)などを行うことができます。 妊娠糖尿病は、先天性奇形のリスクを高めるが、妊娠初期から正常血糖値を維持している場合に、正常な妊娠と同等である。早産が多く羊水過多、妊娠高血圧症候群の頻度も高いハイリスク妊娠のひとつである。妊娠糖尿病の大きな子供になりやすいため、難産になりやすい。また、妊娠糖尿病は、中枢神経系に比べて体の開発がいいので、出産時に頭部を通っても肩が通らない肩甲難産になりやすい。このため、分娩が長くなる場合には帝王切開が良い。 一般的に糖尿病患者は自覚症状がないと考えている場合が多い。しかし、よくよく話を聞いてみると、以下に列挙するなど、手足のしびれや便秘などが実はだ、特別な症状は考えていないことができます。血糖値がかなり高くなると、口渇・多飲・多尿は、通常、典型的な症状が起こる。これらは、血糖値が高いことをそのまま反映する症状であり、治療すると、血糖値が低下すると、これらの症状は落ちる。
[PR]

# by recentlyrecently | 2010-07-08 14:56